ホームページの最適化(直します)請け負います。

1ページ2万円。

ページ毎プラス1万5000円

こんな方にオススメです。

自分でドメインとサーバーを管理している。

ワードプレス で管理している。

コンピュータ言語がわからない。

自分で管理しているがページの読み込みが遅い。

SSL対応したはずが対応できずに安全じゃありませんの警告が出る

などのトラブルがある方はご相談ください。

調布市仙川町1-14-60キクチビルファイブ2F 03-3307-8308 美容院 La.COEUR【ラクール】

全天球360度パノラマ写真の事なら

高画質の画像

低画質の画像

撮影依頼受付中

店舗

個人で

一眼レフカメラ

と魚眼レンズを

使って簡単に使える

画像をお作りします。

Googleストリートビュー

高画質な屋内版パノラマ全天球360°画像を

簡単に導入できます。

Web素材としての見た目効果は抜群。

360°全天球画像はネットやSNSなどで幅広く使え

お得なプライス

1ポイント1万円

10ポイントまで二万円

消費税は別途頂きます

 

Googleストリートビュー(野外版)

Googleインドアビュー(屋内版)

Googleマイビジネス

登録などでお困りの方は

登録代行致します。管理の仕方などわからない事はサポートいたします!

私がお手伝いします

パノラマ全天球360°

を作るには

 

パノラマ雲台と対角線魚眼レンズ8ミリを使って東西南北の写真をとり上の画像と下の画像最低6枚をステッチ作業で繋ぎ合わせます。

そして、この画像を使って三脚を消します

 

三脚が消えたパノラマ全天球写真

これで1ポイントの画像の出来上がりです。

 

の作り方講習は随時開催中

2時間29800円(消費税別途)

4時間50000円(消費税別途)

 

必要機材(一眼レフカメラ、ミラーレス)(魚眼レンズ)(パノラマ雲台)(ステッチソフト)(ノートパソコン)などは持参ください

詳しくは問い合わせフォームかお電話で問い合わせくださいませ

 

お名前 (必須)

パノラマ全天球作り方GoogleストリートビューGoogleインドアビューGoogleマイビジネス予約その他

Google マップ

ストリートビューの画像

Google ではユーザーがあらゆる場所をオンラインで見られるように全力で取り組んでいます。Google のプラットフォームで公開される画像はユーザーの利便性を高めるためのもので、自分の周りや世界中のあらゆる場所を眺めたり調べたりできるようにするものです。このため、画像の有用性を確保し、現状をありのままに反映できるようさまざまな取り組みを行っています。

Google マップの画像がすべてのユーザーにとって有益なものとなるよう用意されたのが、Google マップの画像の承認とプライバシーに関するポリシーです。このポリシーでは、さまざまな撮影方法や提供者による画像に対する Google での扱い方や、不適切なコンテンツに対する Google の対処方法、Google マップに画像を公開するための基準といった重要な項目を説明しています。ポリシーは更新されることがありますので、随時ご確認ください。

ユーザーが投稿したストリートビューの画像に関連するポリシーについて詳しくは、Google マップの写真に関するポリシーをご覧ください。

 

認定の要件

360° 写真が承認されるためには、画質、連結性、適切さの面で次の要件を満たしている必要があります。要件をすべて確認するには、Google マップの画像の承認とプライバシーに関するポリシーをご覧ください。

Thumb image quality

画質

  • 14 メガピクセル以上(5,300×2,650 ピクセル)
  • アスペクト比 2:1
  • 水平線付近に画像の隙間がない
  • 貼りあわせに著しいずれがない
  • 明るい部分も暗い部分も十分に細部を判別できる
  • 鮮明さ(手ぶれや被写体ぶれがなく、ピントが合っている)
  • 閲覧を妨げるようなエフェクトやフィルタが追加されていない
Thumb connectivity

連結性

  • 360° 写真を連結する際はすべて視界が開けていること
  • 撮影間隔は屋内では 1 メートル、屋外では 3 メートルごとが目安
  • 後で Google が画像を連結できるよう、撮影範囲を道路まで広げておく
Thumb appropriateness

適切さ

  • 人や場所を表示する場合は許可を取る
  • 地理的に正確な位置に配置する
  • コンピュータで生成された箇所を含んでいない
  • 帰属情報の表示は下端部分に収める
  • 攻撃的または違法なコンテンツを含んでいない
  • セールスおよびブランディングのガイドラインの遵守